衝笑の黙殺

マタニティ筋トレとは本当に必要なものなのか?

妊娠中というのは、出産まで赤ちゃんを大切にお腹の中で育てるということが大切です。
そのためには、少しでも体をいたわる必要があります。
ですが、運動をしてはいけないということではありません。
妊娠しても太りたくないと思っている方や、ダイエットをしたいと思っている方もいることでしょう。
筋トレなどで美しいからだを保ちたいという単純な気持ちで行う体操は、とても危険なことなのです。
妊娠しているからといって、体を動かさないようにすることは、胎児にもママにとっても悪影響となるのです。
腹筋は、健全な出産を行うためにはとても重要なのです。
さらに腹筋は、お産の軽減にもつながるのです。
足の筋肉を鍛えることによって、転倒を防ぐこともできます。
代謝が低下して体重が増えることによって、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群など母子ともに危険なリスクも高まってしまいます。
ですから運動不足や食べすぎなどは、妊婦にとって注意しなければならないことなのです。
マタニティ筋トレは、ジムでも行うことは可能です。
ですが、ジムではどうしてもトレーニングマシーンを使用することが多くなってしまいます。
そのためおすすめではなく、普通の腹筋を付けるマシンや運動はお腹の張りを感じることが多くなってしまいます。
もちろん腹筋を鍛えることは大切ですが、おなかの張りは赤ちゃんからのSOSでもあります。
マタニティ筋トレというのは、少しずつ筋肉をつけることを心がけましょう。
無理せずにゆっくりと、トレーニングをしましょう。
妊娠中には有酸素運動が必要と言われていますが、筋トレというといわゆる無酸素運動を想像します。
酸素を取り入れることが大切で、酸素を取り入れない筋トレは赤ちゃんにもよくありません。
無理せずゆっくりと、水分補給と休憩を十分にとって行うようにしましょう。
運動そのものではなく、それによって起こる転倒など二次的な事故なども注意する必要があります。
羊水異常や前置胎盤・逆子・多胎・強度の貧血・発育遅延などは、早産リスクの高まる場合にはさらに注意が必要です。
問題がある場合には、必ず事前に医師に相談するようにしてください。
安静は必要な場合もあるので、マタニティ筋トレや運動というのは健康な妊娠であることが必須条件なのです。
おすすめサイト>>>>>阿佐ヶ谷のホットヨガスタジオ